免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2017年3月8日水曜日

NJM2375のPFC試作

どうもKKTです。
もうすぐ年度が変わるわけですがちょっと忙しくなるかもしれないのでいやですね。
それと告知みたいなものですが、今年もNT京都2017に出展します。たぶんなかたくんも来ます。出展物がまだ完全には決まっていないのですが()、なんか火花出るやつとか
こんな感じの奴を持っていく予定です。詳細は
を御覧ください。

さて本題ですが、題名通り秋月で取扱のあるNJM2375Mを使ったPFCを試作してみました。このICは臨界モードPFCを構成するための乗算器や過電圧コンパレータ、ゼロ電流検出、MOSFET駆動用バッファ等を備えていて、コンパチ品(完全互換では無いが)にMC33261やFA5500等があります。データシートは秋月の商品ページにあります。
臨界モードの特徴としては、ゼロ電流スイッチングのためスイッチング損失が少ない、ダイオードのリカバリ損失が無い、ノイズが少ないなどでしょうか。しかし連続モードに比べるとピーク電流が大きくインダクタの飽和電流が多めに必要だとか素子の導通損は大きくなってしまう等の問題もあります。まぁあまり深くは考えず8ピンで簡単に作れるようなのでやってみましょう。

回路図です。
ほとんどデータシートのパクリです。ICの動作としては、MUL端子とCOMP端子の電圧を乗算して、その出力がIsenceのしきい値になって、Q1がオフした後は部分共振の最適なタイミングでまたターンオンという感じだと思います。RCCのような感じです。ゼロ電流検出のタイミングはブーストインダクタの補助巻線の電圧がゼロになったらなのですが、ICのしきい値が1.6Vですからそのままでは少し速い可能性があります。そこでR2と図にはありませんがコンデンサも付けて補助巻線の電圧変化を少し遅らせて補償しようかと思ったのですが、コンデンサは100pでもちょっと大きいくらいだったので省きました。実際のターンオンはこんな感じになっています。
とても損失が少なそうで好感が持てます。
大体丁度電圧が一番低くなってる点でターンオンしていることがわかると思います。多分R2はショートでもいいと思います(なら書くな)。
R1は図の通りに計算すれば問題ありません。
Rsの計算も図の通りで良さそうだったのですが、実際動かしてみるといまいち電流制限のしきい値が1.5Vまで上がりません。僕が実験してる時はコアの飽和のせいの可能性が高かったですが、しきい値は1.2Vくらいで頭打ちになってしまっていました。今度コイル変えて再実験します。
補助巻線は主巻線の巻数から計算すれば良いのですが、電圧精度はどうでも良いので10回くらい巻いとけば問題無さそうです。巻きすぎるとスイッチングが開始すると同時にICがぶっ飛んだりしますので(経験済み)気をつけましょう。主巻線の巻数が少ないコイルなら5回くらいから試したほうが安全です。あと、補助巻線の方向ですが、主巻線と同じ方向に巻いて、主巻線の電源に繋がってるのと同じ方を5ピンにつなぎます。補助巻線からついでに回路の電源も供給しているのですが、ダイオードを通った後IC保護も兼ねて100Ωの抵抗を入れたほうが良いかもしれません。
Cinはチョップされた高周波電流を慣らす奴です。どっかのアプリケーションノートに容量計算方法が出ていましたが0.5~1uFくらいになると思います。AC入力のとこには書いてませんがノイズフィルタを入れまくりましょう。

実装した基板。

動作中の電流波形
ターンオンのノイズの少なさが伺えます(?)。

200W弱の時の入力電圧(大きい方)と入力電流の波形です。AC100V入力ですね。

とまぁ取り敢えず動くのを作れました。と言ってもデータシートまんまですが。

それでは、今日はこの辺で。

Web拍手反応

> い…いませんよ… by 偽せモノくん
> じゃんじゃん送れや by ジャン
> あとで読みます!
> ひなまつり
> ひまなつり
> じゅるる^^
> にゅ!
> ンココアはやっぱりバンホーテン!
> オッ^^ by ぱい
> おっぱいです。
ひなまつり終わっちゃった…。
ジャン(外国人)

> KKT~~
おいすー^^

> もしお暇&記録が残っていれば、発光色ごとのVfを教えていただけますでしょうか? by LED
あのLED紛失しました。
出てきたら調べてみますね。ごめんなさい。

> 記事にいいねをしに来ました。いいね! by はやおき
いいね。

http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年2月27日月曜日

秋月部品でゲートドライバを作る その2

お久しぶりです。KKTの方です。
年明けは更新すると意気込んでいましたがダメみたいですね。と言うか最近ろくに工作してないです。

題名でお察しの通りゲートドライバの記事です。随分前に書いた記事の補足+@みたいな感じです。まず前回記事の補足ですが、
この回路のRを上下で同じ値にするなら抵抗は
1個で済みます。それだけです。

続いて、別バージョンのゲートドライブ回路を試してみました。こんな感じです。
レベルシフタ+ブートストラップハーフブリッジなゲートドライバです。利点としては、入力の容量は合計でも1000pFないうえに5V振幅で良いのでゲートIC並列で駆動できそうなところです。ただやっぱり貫通電流が心配なので下の2SK4017のゲートには抵抗とダイオードで立ち下がりだけ速くする回路入れたほうが無負荷電流は少なくなります。ただし目に見えて出力の立ち下がりが遅くなるので微妙なとこです。部品点数が増えますが上の4017にはソース電流を流せるバッファを追加したほうが良いかもしれません。電源電圧は4017のゲート耐圧が20Vなので20Vが限界でしょう。2N7000のドレインは電源電圧の2倍まで上がるので注意しましょう。

基板に組んでみました。
試験的に上述の立ち下がりを遅くする部品が入っています。これがあるだけで4割くらい無負荷消費電力が減りますが立ち下がりが結構遅くなってしまいます。

駆動には74HC04のゲートを3並列にしたもので駆動します。入力部分の波形はなかなかに乱れるので6並列の方が良いかも。

ちっちゃめのMOSFETを出力に繋いでみた様子。ゲート抵抗を入れていないのでリンギングがひどいですね。200kHzですが立ち上がり立ち下がりともに問題なさそうです。

次に大きめのIGBTを繋いでみましょう。1200V400Aなモジュールです。

同じく200kHzでこうなりました。流石になまっています。20分くらい連続駆動してみましたが、ゲートドライバは触れるギリギリくらいに熱くなります。もうちょっと負荷が重い場合は生基板で作ったほうが良さそうです。

ちなみに電源15Vで消費電流0.5A以上食います。IGBTに特に負荷は繋いでいませんが8Wくらい入力してるのでしばらくすると暖かくなってきます。この電源はおずくんから頂いたものです。ありがてぇ。

Web拍手反応

> ひまなつり?
> おはいお!
> あと995文字。お名前、URLは未記入可。
> あと978文字。お名前、URLは未記入可。
> あと956文字。お名前、URLは未記入可。
> フシュ〜
> 拍手だけでも送れるってマ!?
> それでは、今日はこの辺で。 by 投稿者 KKT
> 0 件のコメント: by 時刻: 16:54
> KKT
> なかた by 参加ユーザー
> たのしいこうさくシリーズ
> ジョロロロロロ....ガハハハハwwww
おいすー^^

> 生の焼きおにぎりと焼いた生おにぎりだったらどっちが好き?
生の焼きおにぎりは食えるとしても焼いた生おにぎりはなんなんですかね…?

> あれ?ふぇらぼイメージキャラクター髪切った?
髪切るところは床屋ですが、床売ってるとこはどこでしょうか?


> 読んでますよ って言ってね
読んでますよ

> 犬のエサのレビューお願いします
犬のエサ(俗称)はもう売ってないんだなぁ…。後継種として近いものはあるけどあのジャンク感と微妙な味わいは二度と手に入らない。

> 森永派だから敵
ココアはやっぱりバンホーテンやで

SWISS MISS スイスミス マシュマロ ココアミックス 60袋

 
> Web拍手のコメントが大変面白く、毎回楽しみにしています。
擬音語擬態語以外もじゃんじゃん送っちゃってね

> そういえばマルクスってどうなったの?
…。

それでは、今日はこの辺で。

http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年2月2日木曜日

SWISS MISS ココア マシュマロ入り を購入した

どうも、KKTです。今年は更新するぞーと言っておきながらまともな記事は3つ(なかたくん含む)のまま2月を迎えました。大丈夫かいな。

題名でお察しの通り前回に続いて食(飲?)レポ記事です。
経緯をお話すると、年末になかたくん宅に遊びに行ったのですが、そこで飲ませていただいたココアがなかなか美味しかったのです。そこで帰ってから探してみるとAmazon等に売っていたので購入した、という訳です。

早速画像です。
部屋が汚かったのでBBになっていますがお気になさらず。

個別包装になっていて、1袋28g入りが60袋入って1580円(送料込)でした。安いよね。

すでにうまい。もううまい。ちっちゃいマシュマロも入っています(お湯を入れて少しすると溶けて消える)。

かなり溶けやすいです。すぐ混ざります。今まで一度もココアを混ぜたことが無い人でも問題ないくらい簡単に溶けます。
最近は毎日飲んでいるのですが、おいしいです。

Web拍手反応

> グルグルグルメ!
> わーい!
> ウェッヘッヘヘww
> パチ
> おいし(そう)
> いいね!

SWISS MISS スイスミス マシュマロ ココアミックス 60袋


> おっぱいいる?
いる

> ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
> あと974文字。お名前、URLは未記入可。 by匿名
> ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます) byもっと送る
じゃんじゃん送っちゃってよね

> 生のおにぎりと焼いたおにぎりどっちが好きですか?
生のおにぎりが焼きおにぎりの焼く前のことを指してるとしようがしまいが、焼きおにぎりが好きです。

それでは、今日はこの辺で。
http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年1月21日土曜日

ミニストップ「まるごとプリンまん」を食べた

どうもKKTです。
なかたくんがちゃんと記事を書いてくれてよかったです。この調子でもっとたくさん記事を書いてくれることを祈っています。

ところでつい先日、題名の通りミニストップから「まるごとプリンまん」なる食べ物が発売されたみたいです。深夜の空腹時にそのことを知ったのと、単純にプリンが好きなので買って食べてみました。
予想よりかなり小さいです。108円だったと思います。

一般的なDDR3メモリと比較してみました。2口分くらいしか無いことがわかります。

割ってみました。表面に付いてた茶色いのは何かよくわかりませんでした。ちゃんとカラメルソースっぽいものも入っていておいしそうです。

食べた感想としては、期待しすぎたせいもありましたが食べた瞬間は「ん?」と言う感じでした。中のプリンとカラメルの風味がいい感じに混ぜ合わさってまぁまぁおいしかったです。量が少ないのが残念でした。


Web拍手反応
> さいきんこのサイトを見ることにはまっています。→http://fellaboratory.blogspot.jp/ byはやおき
なんだこのURL!?と思ったら僕(ら)のサイトでした。

それでは、今日はこの辺で。

http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年1月18日水曜日

デトネーションキャノン

なかたです。

以前から工作のテーマとしてエグゾーストキャノンに興味があったのですが手先が不器用、機構が複雑等の理由から手をなかなかつけていませんでした。

しかし最近エグゾーストキャノンと同等、それ以上のパワーをお手軽に出せるというデトネーションキャノンというものを知り、実際に作ってみました。
エグゾーストキャノンは高圧の空気を素早く排気し爆音を発生させているのに対し、デトネーションキャノンは爆轟(気体の熱膨張の速度が音速を越えて燃焼する現象)を発生させ爆音を得ているそうです。
デトネーションキャノンの動作原理としてはガスを管内に貯める→着火して燃焼→乱流促進体で加速→音速をこえ未燃焼ガスを圧縮→爆音&衝撃波発生みたいなものだと理解してます(理解してるとは言ってない)。


作ると言っても構造はこちらのものをそのまま真似させて頂いていますし、工作もお手軽なので非常に取り組みやすかったです。



詳しいことは全くわからないのでお勉強したらまた記事書くかもしれない


video


お手軽な工作で凄まじい爆音が得られて楽しかったです。


Web拍手反応

>KKT最近見かけないけどどうしたの?

お片付けしてたんじゃない?


>皮ポンチ

逆立ちしたら大変なことになりそう


>アド

アド


>前にユーチューブで動画を拝見させていただいたのですが、探しても見つからないのでもしよろしければURLの方をお願い致します。いつも陰ながら応援しています。

KKTくんと共通のYoutubeのアカウントは持っていないため、動画がどちらの作品のどの動画かわからず、その情報だけではURLもお教えできません…(すいません)。
どんな動画か、またなかたかKKTかどっちの動画かわかればURLがわかるかもしれません。
いつもFEL研究室をありがとうございます。これからももっと面白いブログにしていくつもりです。


次回の記事何にしようかなぁ~?

2017年1月11日水曜日

LEDプロジェクタをバラす

どうも、KKTです。
去年の投稿が42件、1月当たりでは3.5件となり意外と書いた気もしますがこの内意味のわかない短い記事もかなり含まれているのでもう少したくさん投稿したいところです。今年は週1ペースで投稿できたらなぁと思っています。あくまで目標ですよ。

分解記事が続きますがジャンクの小型LEDプロジェクタを分解してみます。普通の超高圧ナトリウム灯のプロジェクタなら何度が分解したことがあるのですがLEDタイプは初なので写真だけですが上げてみます。

 こんな奴です。サイズ比較対象を写すのを忘れましたが後々わかると思います。割りと小さいです。

BENQのJoybee GP1という奴みたいです。電源は19Vのようですのでその辺に転がってるノパソ用ので事足りるでしょう。

 写りました。が、像がおかしいです。白いのが現れていて汚らしいです。壁の汚れではないです。ということでとりあえず分解(部品取り)することに決めました。

ネジを取るとすぐ蓋が空きました。そして見えるネジを大体取ったのですがなんか取れないので裏を見ると…

あっ!これこのゴム足の下にネジあるやつやん

ちがいました。

取れました。

LEDと思しき部分につながっていたのでドライバでしょうか。

液晶(?)が外せました。見るからに素子に変な汚れがありますね。どういう過程でこのようになったか気になります。あと反射式(?)のようです。

こいつ自体が発熱するのか光が当たって発熱するのかはよくわかりませんが(画面が暗い時はほとんどの光をこいつが吸収するから後者じゃないのかなぁ~?)放熱板が付いておりました。

LEDまでたどり着きました。ご丁寧に基板が色分けされていて色が一目瞭然です。もちろん大きめのヒートシンクにくっついていました。コネクタからは線が多めに出ていますが電流容量を稼ぐためか3本並列になっているだけでした。VFの測定がてら光らせてみます。

結構眩しいです。VFは3Vくらいでした。どれくらい電力突っ込めるんでしょうね。
分解レポートは以上です。次回は何を書くかわかりません。

Web拍手反応

> いつも見てます
ありがとうございます。週1くらいで見ていただければ健康面からも良いかと思います。

> エッチだ...
あのドロドロお水に入れると白っぽくなって完全にアレ。処理が面倒。あと臭い。

> おいすー^^
おいすー^^

> 正月早々風呂場でマイクロ波を出されたんですがどうすればいいんでしょうか?排水溝もうどんでつまりました byおずや
お家からもWeb拍手が飛んでくるのか…。排水口にうどん詰められたら笑うしかないやろ

> pons
ぽんず製造所

> ちゃんとパンツ履いてて偉い!
そんなの確認できる写真あったっけと探してしまったんやが?

>
││││││││││││││││││││││
┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

       更新お疲れ様です

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬
││││││││││││││││││││││
これhyp氏からリアルタイム(?)で送られてきました。ICにしか見えない。

> なかたです
なかたくん記事書かずにどんな顔でこれ投稿してんのかすごく気になるところ。

それでは、今日はこの辺で。

Web拍手
http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年1月6日金曜日

トランスをバラす

どうも、KKTです。
お子ちゃまなのでまだ冬休みです。

今回は題名通りトランスを分解します。
トランスと言っても鉄板を重ねた奴じゃ無くて、フェイライトとかのスイッチングトランスです。よくPC電源だとかに入っているんですが、たいてい接着剤で固められていてびくともしません。

そこでこの液体に漬けてみます。
これの高いこと。ホムセンで2800円くらいしました。何気に人生で1番単価が高い液体を買ったかもしれません。取り敢えず溶かしてくれるだろうということで購入。開けてから知りましたが変な水色のような液体で、すごくドロっとしています。

取れました。デジカメのバッテリーが無くてこの2枚しか画像が撮られなかったのです。写真のトランスなら半日くらいでスポッと取れました。しつこいやつは湯煎したら取れましたが色々と危なそうなのでお気をつけて。意外なことにこの塗料剥がし液、水で落ちます。ドロっとしすぎて液体がたくさんトランスに付いてきちゃったりしてもったいない上にあんまり染み込ま無さそうなので薄められたらもっと使い勝手がよくなりそうです。化学はさっぱりわからないのですが、取り敢えずペイント薄め液で希釈してみたところ見事に分離してしまったので違うようです。人体有害なので蒸気を吸ったり直接触ったりはしてはいけません。
プラスチック類は侵される物が多くビンの蓋のパッキンやかき混ぜるのに使ったカッターナイフの柄が見事にどろどろになってしまいました。気をつけましょう。

コスパが悪い上にうんともすんとも言わないトランスもあったのであまりオススメはできませんでした。次は灯油でやってみようと思います。

1/7追記
カメラが復活したので少し画像を追加しておきます。

水色みたいな色です。

トランスをぶち込んだところ。もう既に何回か使っているので変色しています。

取り出したコア達。左上のボビンはたまたま手元にあったPQ3230の合う奴です。トランスに使われているテープ等も溶けてるみたいなので分解も楽ですね。

PQコアのぴったり感ほんとに好感持てる。

Web拍手反応

>サンタさんへ
>彼女ください
悲しくないのかよぉ?

>すごい...
まだまだこんなもんじゃ無い(予定な)ので今後のFEL研究室にご期待ください。

>ょうじょだいすき~
風当たり強そう

>メッセージ送信してもいいですか...?
これURL欄に書いてあったんですよね

>今日も更新しとらんなぁ(しょんぼり)
すまんやで。最近結構実験はしてるから大丈夫。

> い…い…
> クルクルクル...
> こんにちは!(^^)キャッキャ
> クワッ^^
> はやおです
> (わいやで…♡)
> なかたです
名前欄とか設けたせいで無法地帯と化してしまった…

> [ほんとに危ないです]が多かったですねw
ガバガバ実験なので遠くから見るくらいにしきましょう

> サンタの服を着ている方は...?
サンタでしょ

それでは、今日はこの辺で

Web拍手
http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

2017年1月1日日曜日

明けまして…なんなん?

KKTです。
明けましておめでとうございます。
今年もFEL研究室をどうぞよろしくお願いします。
byなかた

明けまして

なかたです。
おめでとうございます。
今年もFEL研究室をよろしくお願いします。
byKKT

2016年12月13日火曜日

ホットなIH

どうも、KKTです。
最近すっかり寒くなってきました。僕は手袋を購入しました。今年もあと少しですがいつも後半に焦るタイプなのでまだまだ今年の7割くらい残ってる感じありますよね?

僕がIH大好きなのは皆さんご存知と思いますが、先日また作りました。
今回はちょっと幾つか試したいことがあったのでちょっと実験して済ますつもりだったのですが思いの外上手くいってくれたので写真だけ上げておきます。

まず新調したフルブリッジ部分です。
配線が面倒だったのでいつもみたいに生基板で済ませました。素子は2SK1947で耐圧250V、ピーク電流200A、ON抵抗が65mΩのです。強いですね。緑色のコンデンサは僕の好物でもあるTACBで250V475です。入力はAC100Vを想定しているので素子とともに耐圧は問題ありません。左の方についているのはゲートドライブトランスです。贅沢にE22を2つも使っていましました。スイッチング特性はそこそこで、共振時はZCS動作になるのでスイッチング損失は減りますが1500W入力でファン1つ回せば触っていられる程度です。制御部分はまだ作っていなくて簡易的にTL494の回路でボリューム回して手動PLLしてます。

コンデンサはいつものように水に浸してあります。まだこの写真の時は水を循環させていなかったため
時々沸騰してしまいます。これ以降はラジエータで水を冷やすようにしたのでこういったことにはなっていません。

スペーサみたいなのを赤熱させているところです。海外勢のアホみたいに強いIHみたく線香花火にはなりません。出力不足でしょう。

そうこうしているうちにワークコイルも赤熱してきます。事故ってる感じ出てますけど一応想定内です。でも銅管の表面が酸化してパラパラ落ちていくので明らかに細くなっている感じはあります。

と思ったらバチッと焼き切れました。めでたく「たのしいこうさくシリーズ」入りです。

こうなるちょっと前に一度コンセント付近から轟音がしてブレーカが落ちたので見てみると
こうなっていました。危ないのでやめましょう。これでも入力電流は16~18Aくらいだと思います。劣化していたのでしょうか(流しすぎ)。ホントに危ないです。

ワークコイルがご存命だった時の写真ですが一応溶解に成功しています。なんだかんだ言って溶解までこぎつけたのは初めてじゃないでしょうか。嬉しい限りです。

この辺でワークコイルを新調しています。ちゃんと中に水が通るようにしたので発熱の問題は解決です。しかしラジエータで冷やしてもすぐ熱湯になっていますので相当ここでロスがあるみたいです。銅管を太くすれば良いのですが手元に太すぎて巻きにくい奴しかないのでしばらくはこれでいきます。出力もちょっと上げたので線香花火みたいになってきれいです。

なかなか写真で表現しづらいのですが加熱中は本当に液体になって垂れたりどっか転がっていったりするので注意してください。ホントに危ないです。写真のはユニクロのL字金具を加熱した後のものです。支えてた棒と溶着してしまっています。

取り敢えず手元にある金属片を熱くしてみます。

いい感じです。直視できない(しちゃだめ)くらいの光が出ます。使用している回路では電源の平滑を行っていませんのでワークコイルが60Hzで激しく振動します。それでやかましいのでティッシュで銅管を包んでビンに当たってうるさくないようにしています。中水通しているので写真の状態でもワークコイルは触れる温度です。当然ですが動作中のコイル両端はかなり電圧が高いので注意しましょう。僕も出力弱い時にうっかり触ってビリっと来て焦りました。ホントに危ないです。

実際はもっと流動している感じでおもしろいのですがあまり伝わりませんね。あんまりやると金属が垂れて銅管がショートして共振からずれて暖かくなくなります。回路によっては致命的なダメージが入ることもあるのでコイルは横置きの方が良いですね。危ないです。

加熱後はこんな感じになりました。溶けた部分はボロボロになってしまっています。変性してしまっているようです。僕もこうなりたくはありませんね。

ちょっと変わった溶け方をする奴もおります。サイズはM12です。冷やし方にもよりそうです。

回路についてはまた別の記事で動画とともにお送りする予定なのでよろしくお願いします。

Web拍手反応
> よしよし
> ピトッ
クゥーン…

> 来る度にどこかしら変わっててすこ
落ち着きがないとも言う
暇だといじりたくなるものよね

> そのアイコン描いたのなかたくんじゃなくてわいやで
> 監督はなかたくんやで
誰?
なかたくんの監督の元で描いたってことなんですかね…。なかたくんちゃんと差分もいくつか用意してくれたし人望に溢れているよね(記事はあまり書かない)。

それでは、今日はこの辺で。

Web拍手
http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo