免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2013年6月4日火曜日

(´,,•ω•,,`)わわっなかたさんですか?

お久しぶりです。
なんと今日はテスト一日目です!
更新してる暇があるんでしょうかね…。

さて、例の真空管アンプですがなんとなく進んでおります。
前回では空中配線だったんですが一部を基板に配線しました。
基板と言っても普通の穴あき基板ではなく表面が銅板の奴です。
それを自作プリント基板加工機(ボール盤にルーターの砥石を噛ませただけとも言う)で加工したのがこちらです。
こんな感じで掘れます。
 上に乗っかってるのは真空管ソケットです。
見たらわかりますが、ドライブ段の真空管だけ基板化しました。
割と見栄えがいいですね。
これをグラインダーで希望の大きさに切り取ります。
横の方に傷があるのは仕様ですww
 なんかいい感じですねw
これに部品を実装していきます。
なぜか手の上に載ってますねー
部品の配線をしなくていいのでとても楽です。
基板も簡単に作れますし素晴らしいです。
ただあまり小さいパターンは掘れないですが。

で、音出しした結果ですが宙ぶらりん状態よりはかなり安定して動くようです(当たり前かw)。
ノイズレベルも一定で、少し減ったと思います。
ヒーター電源も60Hzのトランスからとるようにしました。
なぜかたまに出力段の真空管がジージーなりますw
まだアウトプットトランスがまともなやつを使ったことがないので分かりませんが、現状はインピーダンス比が無茶苦茶なものを使ってるので本来の性能を発揮できてないと思います。

おまけ。
真空管関連でこんなものを…
そう!ニキシー管です!
学校のゴミ捨て場で拾いました。
画像が妙に横長なのは後ろによろしく無い物が写りこんでいたためですw
 かっこいいですね!
ちなみに電圧は160Vちょっとで、 ドライブには専用ICを使っています。
数字の表示は負理論の二進数で制御できるようです。
表示させている数字は…おわかりですよね?

では、今日はこの辺で。
エル・プサイ・コン(ry